シミへの対策として有効な5つの方法

シミへの対策として有効な5つの方法

いつまでも若々しい肌を保ちたい、そんな全ての女性の願いの前に立ちはだかるシミという悩ましい問題、シミがあるだけで実年齢よりもぐっと老けた印象を与えてしまいます。

 

どうにかしたいこのシミ!今回はそんなシミへの対策としてどんな方法が有効なのか5つピックアップしました。

 

 

美白化粧品は医薬部外品を選びましょう。

 

 

医薬部外品とは、目的に対するその商品の有効成分が医薬品医療機器等法の基準に基づいて定められた量が配合されているもののことです。

 

 

つまりその商品の効果が優れていることがきちんとした決まりに基づいて保障されているのです。
一般的な化粧品よりも確実な効果がありますから、美白化粧品選びで迷ったらパッケージに医薬部外品の記載があるものを選ぶと良いでしょう。

 

 

 

プラセンタが配合されているものを選びましょう。

 

 

プラセンタには肌の細胞を活性化させ肌の新陳代謝を促進させるアミノ酸、
抗酸化作用で細胞が酸化してしまうのを防ぐ生理活性成分が豊富に含まれています。

 

 

そのため紫外線によるダメージで出来てしまったシミやシワを改善する効果が期待できるとされています。

 

 

 

ビタミンC誘導体が配合されているものを選びましょう。

 

 

ビタミンC誘導体には先ほどのプラセンタと同様に新陳代謝を促す作

 

用、抗酸化作用の働きがありますが、さらに出来てしまったメラニンを還元して肌への色素沈着、
つまりシミになってしまうのを防ぐ作用もあります。

 

 

そのほか皮脂分泌をコントロールしてくれる効果や肌をなめらかにする効果などさまざまな効能があります。

 

 

マッサージをスキンケアに取り入れましょう。

 

 

マッサージと美白、あまり繋がりがないように思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

 

 

マッサージをすることで肌の血行が促進され代謝が高まるのですが、それが肌のターンオーバーを正常化させてくれて、シミの原因となるメラニン色素を排出する効果があるのです。
また血行を促進することは肌のくすみの改善にも繋がり、肌色が明るくなりますので結果的にシミが目立たなくなります。

 

 

 

飲む日焼け止めを使いましょう。

 

 

2016年から日本でも解禁された飲む日焼け止め、聞いたことはあるけれど試したことはないという方が多いのではないでしょうか。

 

飲む日焼け止めの詳細→ホワイトヴェール

 

飲む日焼け止めにはどのような効果があるのかというと、実は飲むと紫外線による日焼けを完全に防げる!という訳ではないのです。

 

塗るタイプの一般的な日焼け止めでは対応することが難しい日焼けを軽減する働き・メラニンを抑制する働き・肌の酸化を防ぐ働きに対して効果を発揮するのです。
いつもの紫外線対策とは違った側面から紫外線にアプローチをして、紫外線をなるべく遮断しましょう。

 

 

シミ対策にはまず紫外線ダメージを減らすことが必要であり、その後の美白ケアもただ漫然と行うのではなく、
きちんと成分や効果を見極めながら行うことが大切なのです。

 

 

あなたも、今年の夏はしっかりとした意識を持ってシミ対策を行ってくださいね。