老人性色素斑のシミとは?効果的な対応の仕方

老人性色素斑のシミとは?効果的な対応の仕方

突然両頬にシミが現れ、気付いたら広がっていたなんてことありませんか?
ひょっとしたらそのシミは老人性のシミかもしれません。

 

老人

 

老人性のシミって一体なに?

 

肌にできるシミにはいくつかの種類があり、その中でも代表的なものに老人性色素斑があげられます。

 

この老人性色素斑は、大きさは数ミリから数センチあり、境目が比較的はっきりとした薄茶色または濃い茶色のシミです。主に顔やデコルテ、手の甲などに出現し、加齢とともに徐々に現れます。
紫外線を多く浴びていた方などは、20代から現れたり、出産後にシミ増える場合もあるそうですよ。

 

そして老人性色素斑の特徴は、自然に治ることはあまりなく年齢を重ねるにつれて増加したり、色が濃くなるんだとか。
自然に治ることがないというのですから、こういったシミには気をつけたいですよね。若いうちからしっかりと紫外線対策をすることが大切だといえます。

 

 

シミがあるんだけど、これは老人性色素斑なの?

 

 

老人性色素斑の特徴は説明しましたが、それだけでは本当に老人性色素斑なのか分からないですよね。
他にも、老人性色素斑の特徴や、できやすい環境などを説明したいと思います。

 

まず、形についてですが、丸に近いいびつな形をしていると言われています。学生の頃などによく日焼けをした方以外にも、現在室内での紫外線対策を行っていない人なども危険で、日焼け止めを塗り直さない人も危険ですね。
他にも、睡眠時間が短かったり、タバコを吸う習慣がある方、ストレスが溜まりやすい環境下に置かれている方は危険だと言えます。

 

また、老人性色素班は40代前後で現れることが最も多いとされています。

 

如何でしたか?これらに多く当てはまる方は、ひょっとしたら老人性色素斑かもしれません。

 

老人性色素斑の対策ってどうすれば良いの?

 

紫外線を多く浴びていると20代後半にも現れるというくらいですから、やはり紫外線対策が一番重要になってきます。

 

肌は受けたダメージをどんどん蓄積していきますから、毎日の積み重ねが大きなシミとなる可能性は大いにあります。老人性色素斑が現れる前に、将来のために日焼け止めクリームなどで日焼け対策をしましょう。ホワイトニングリフトケアジェルで毎日マッサージすることも忘れずに。

 

 

 

既にできてしまった老人性色素斑にはどう対応するのが良い?

 

老人性色素斑は一度できてしまうと、自分での改善や治療は非常に困難です。このシミをなんとかして無くしたい!という方は、美容クリニックでのレーザーや光治療が良いと思われます。

 

実は老人性色素斑はシミの中でも、治療できるシミだとされており、レーザーや光治療でほぼ消すことができると言われているんですよ。金銭面で抵抗がある方でも、最近では比較的安価で治療できるようになってきたので、とても手が出しやすいのではないでしょうか。

 

自分でなんとかしようとするよりは、こちらの方が解決する可能性は高いですし、おすすめできると思います。

 

治療をした後は、ハイドロキノンクリームや、レチノイン酸クリームといった、メラニンの合成をブロックしたり、メラニンを排出されるクリームをケアとして行うと、再発しにくくなると言われているそうです。また、治療を受ける際は、経験豊富でシミに対する診断が正確にできる医師に相談することが大切です。

 

老人性色素斑の治療は主に美容クリニックや皮膚科で行われているのですが、最近では老人性色素斑に効果的な化粧品も開発されつつあるそうです。こういった化粧品はまだ数少ないですが、治療に抵抗がある方は、探してみるのも良いかもしれませんね。